日本海側、大雨警戒続く 北海道は地盤緩み注意

 前線や低気圧の影響で、北日本から西日本では日本海側を中心に18日にかけて非常に激しい雨が降る恐れが続いている。気象庁は16日、土砂災害に厳重な警戒を呼びかけた。北海道のピークは過ぎたが、地盤が緩み危険度が高まっている。浸水や河川の氾濫、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意を求めている。

 前線は東日本から西日本に停滞し、18日には前線上に低気圧が発生して北東に進み、北日本を通過。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が入り、大気の状態が非常に不安定となる見込み。

© 一般社団法人共同通信社