「2022 VALORANT East Asia LCQ」中国代表の「EDward Gaming」が優勝!「VCT 2022 Champions」に出場する16チームが決定

ライアットゲームズとRAGEは、「VALORANT」国際大会「VCT 2022 Champions」への1つの出場枠を争う「2022 VALORANT East Asia Last Chance Qualifier」において、中国代表の「EDward Gaming」が優勝し、トルコ・イスタンブールで開催される「VCT 2022 Champions」への出場資格を獲得したことを発表した。

また、これにより「VCT 2022 Champions」に出場する全16チームが決定した。日本からは「ZETA DIVISION」が出場する。

以下、発表情報をそのまま掲載しています

■「East Asia LCQ」出場チーム

<日本-3チーム>
NORTHEPTION
Crazy Raccoon
REJECT

<韓国-3チーム>
Maru Gaming
DWG KIA
On Sla2ers

<中国-2チーム>
EDward Gaming
KONE ESPORTS

■「East Asia LCQ」トーナメント表(結果)

■「VCT 2022 Champions」開催概要

「VCT 2022 Champions」はその年の真のチャンピオンを決めるVALORANTの世界大会です。出場資格は、各地域のVCT Challengersポイント(サーキットポイント)最多チーム、8月開催のLCQ(ラストチャンス予選)の勝者、Masters Stage2優勝チームの計16チームにのみ与えられます。

<概要>
開催地:トルコ・イスタンブール
出場チーム:16チーム
開催形式:オフライン

出場チーム

■「2022 VALORANT Champions Tour」とは

VALORANT Champions Tour は、「Challengers」、「Masters」、そして「Champions」の3段階で構成されます。地域大会である「Challengers」(年2回)はオープン予選と本戦からなり、勝ち上がったチームは各地域を代表するチームが集結する国際大会「Masters」(年2回)に出場します。そして、シーズンのフィナーレを飾る「Champions」は世界最高峰のトーナメント戦で、これを制覇したチームがVALORANT世界王者となります。

(C)RAGE(C)2022 Riot Games, Inc. All Rights Reserved.

VALORANTの情報を見る

© 株式会社イクセル