山形新幹線、停電で一時運転見合わせ 2時間25分立ち往生

山形新幹線

 16日午後2時10分ごろ、JR奥羽線福島―板谷(山形県米沢市)間で停電が発生。山形新幹線の山形発東京行きつばさ142号が福島市の笹木野駅手前で停車し、約2時間25分立ち往生した。乗客278人はバスに乗り換えて福島に移動した。山形新幹線は福島―新庄間で約4時間運転を見合わせ、上下合わせて10本が運休、上り4本が最大3時間半遅れ、乗客2600人に影響した。JR東日本が停電の原因を調べている。

© 株式会社河北新報社