山岳遭難「水でしのいだ」 熊本の男性6日ぶり救助

 熊本県警八代署は16日、同県と宮崎県にまたがる国見岳(1739メートル)で10日夕から遭難していた熊本市の男性会社員(38)が、16日午後2時半ごろ、付近の山中で救助されたと発表した。署によると、多少衰弱し体に擦り傷を負っているが命に別条はなく、「水だけで過ごした」と話しているという。

 署などによると、捜索に当たった山岳ボランティアが、国見岳の南にある五勇山の北側山中で、遊歩道から離れた草の上にあおむけになっている男性を発見。男性は「転倒して意識を失い、気づいたら夜だった」と話した。近くを流れる沢の水を、プラスチック容器でくんでいたとみられるという。

© 一般社団法人共同通信社