65戦ぶり勝利からの連勝劇。ケビン・ハーヴィックがキャリア通算60勝に到達/NASCAR第24戦

 2022年レギュラーシーズンも終盤戦を迎えたNASCARカップシリーズ第24戦『フェデレーテッド・オートパーツ400』が、8月13~14日にバージニア州リッチモンド・レースウェイで開催され、前週のミシガンで実に65戦ぶりの勝利を飾ったケビン・ハーヴィック(スチュワート・ハース・レーシング/フォード・マスタング)が、勢いそのままの2週連続優勝を達成。自身0.75 マイルのショートトラックでの4勝目、キャリア通算60勝目に到達し、現役ドライバーではカイル・ブッシュ(ジョー・ギブス・レーシング/トヨタ・カムリ)に並ぶ最多勝とし、歴代9位の勝利数となっている。

 毎週末のようにストーブリーグの更新が続くパドックは、レギュラーシーズン残り3戦を迎えた段階で、23XIレーシングが新たな複数年契約をアナウンス。前戦ミシガンでカップ戦キャリア初ポールを獲得していたダレル“バッバ”ウォレスJr.(23XIレーシング/トヨタ・カムリ)との契約を更改すると発表した。

「この契約更新が完了し、来季以降も23XIレーシングがホームであることを知り、とても気分が良いね」と、レースウイーク金曜に安堵の表情を浮かべたウォレス。「僕を信じ続けてくれた(チーム共同所有者の)M.J.(マイケル・ジョーダン)とデニー(・ハムリン)に感謝したい。わずか2年足らずだが、僕らは長い道のりを歩んで来た。その過程で、チームの初勝利や最初のポールを含む、いくつかの主要な目標を達成し、皆で共有できたんだ!」

 こうして始まったリッチモンドの週末は、最初のセッションでロス・チャスティン(トラックハウス・レーシングチーム/シボレー・カマロ)が主導権を握ると、予選では最後のアタックに向かったディフェンディングチャンピオンのカイル・ラーソン(ヘンドリック・モータースポーツ/シボレー・カマロ)が、平均117マイルの壁を突破。チャスティンをトップの座から引き摺り下ろし、日曜に向けたポールウイナーの称号を手にした。

「ターン1では激しく攻め過ぎて、少し横向きのアングルが付き過ぎたけど、それこそが自分のタイムを切り詰めた場所だと想像しているよ」とアタックを振り返ったラーソン。「本当にディープに入り込んで、コントロールを失う寸前でコーナー出口に向けハンドリングとトラクションを取り戻した。実際どうかはわからないけど、そこでコントロールを取り戻したことがおそらくラップタイムを埋めた。うまくいったね」

 迎えた日曜決勝は、序盤こそチャスティンが80周をリードしてステージ1の勝利を奪ったものの、強い日差しが照りつけるリッチモンドの主役を演じたのは17番手発進だったジョーイ・ロガーノ(チーム・ペンスキー/フォード・マスタング)で、この日最多の222周をリードし、王者ラーソンを従えてステージ2も制覇して見せる。

 しかし最終ステージに入ったロガーノは夕暮れに向かうとともに序盤戦の勢いを失い、334周目にはハーヴィックにもパスされ、最終的に6位フィニッシュとなった。

「そうだ、ちょうど太陽が沈んでコースが冷えたときに、マシンはターンでの速さを失ったと思う。ケビン(・ハーヴィック)と他の何人かは、レース最後の数周のランではるかに良くなった。暑くて滑りやすいときは、おそらくそれが僕らの強みだったんだろう」とレース後に振り返ったロガーノ。

 一方、その22号車シェル・ペンズオイル・フォードを仕留めたハーヴィックは、約10周後の353周目にデニー・ハムリン(ジョー・ギブス・レーシング/トヨタ・カムリ)も捉えて首位浮上に成功。序盤で2度ほど首位に立ち55周のリードラップを記録していた男が、好調の4号車モービル1・フォードでそのまま連勝劇を演じる結果となった。

前戦ミシガンでカップ戦キャリア初ポールを獲得していたダレル”バッバ”ウォレスJr.(23XI Racing/トヨタ・カムリ)が、23XIレーシングとの複数年契約を更改した
予選ではカイル・ラーソン(Hendrick Motorsports/シボレー・カマロ)とロス・チャスティン(Trackhouse Racing Team/シボレー・カマロ)がフロントロウに並び、シボレー勢が先手を取る
中盤にチャスティンらと絡んだカイル・ブッシュ(Joe Gibbs Racing/トヨタ・カムリ)だったが、なんとか9位まで挽回
この日最多の222周をリードしたジョーイ・ロガーノ(Team Penske/フォード・マスタング)を、334周目に捉えたケビン・ハーヴィック(Stewart-Haas Racing/フォード・マスタング)

■NASCARデビューを控えたライコネン「バージニアでは実際のクルマに乗れて楽しかったよ」

「先週も言ったように、僕らのクルマは毎週良い状態で走っているんだ」と満足げな表情を浮かべたハーヴィック。「レース序盤戦の走行後に、マシンをどのように調整したかについてだが、そこで何が起こっているのかをより良く理解していることが何よりも重要なんだ。それが分かっていたからこそ、マシンのハンドリングを大幅に改善することができたよ。日が暮れるにつれ、レーストラックは本当に僕らとジャストになって行ったんだ」

 その終盤にハーヴィックを追い詰めた2台のうち1台が、17号車ファステナル・フォードをドライブするクリス・ブッシャー(RFKレーシング/フォード・マスタング)で、340周目にピットに向かったロガーノの翌周にブッシャーを呼び戻したラウシュ・フェンウェイ・ケセロウスキー・レーシングは、この日のレースを支配したチーム・ペンスキーのマシンを出し抜くことに成功。最後の48周をリードしたハーヴィックを追い始める。

 しかしラップダウンとなるウォレスのカムリに行手を阻まれ、念願のリードを奪うことは叶わなかった。

「どうやら、僕はリヤタイヤを燃やし尽くしてしまったようだ」と、カップのプレーオフ進出資格を得るには勝利が必要だったブッシャー。

「結局のところ、それは僕の責任だ。ラップされたトラフィックでハーヴィックのバンパーに迫ることはできたが、それ以上は何の恩恵ももたらされなかった。最終的にはリヤをもう少し良く保つ必要があった、ということさ」

 そのブッシャーよりさらに12周ほどフレッシュなタイヤを装着したクリストファー・ベル(ジョー・ギブス・レーシング/トヨタ・カムリ)は、400周中396周目にリヤのドロップに苦しむブッシャーを攻略。最後はハーヴィックに迫る勢いで2位チェッカーを受けた。

「(チーフクルーの)アダム・スティーブンス、そしてこの20名のグループ全体を本当に、本当に誇りに思っているよ。カムリは序盤あまり調子が良くなかったし、かなりのトラブルがあった(250周目にはスピン)。でもクルーは最後に超速のピット作業で僕を送り出してくれて、同じ戦略だったデニー(・ハムリン)より前で戦うことが可能になったんだ」と、20号車クルーメンバーに感謝を捧げたベル。

 次週8月20~21日には、いよいよレギュラーシーズン最後のロードコースとなる第25戦『ゴー・ボウリング・アット・ザ・グレン』が控えるが、既報のとおり同ラウンドには元F1ドライバーのダニール・クビアトや、DTMドイツ・ツーリングカー選手権王者兼ル・マン24時間覇者のマイク・ロッケンフェラーに加え、2007年のF1ワールドチャンピオン、キミ・ライコネンのデビューが迫っている。

 その初走行ワトキンスグレンに向け、あらゆる準備を進めてきた“アイスマン”は、ここまでの準備は期待どおりに楽しかったかと尋ねられ「うん、今のところはね」と、いつもの調子で意気込みを語っている。

「これまでのところ、チームは素晴らしい仕事をしてきた。周りには本当にいい人たちがいて、バージニアでは実際のクルマ(Next-Gen車輌)に乗れて楽しかったよ。最後のF1レース(2021年)以来、こういう類のレーシングカーをドライブしていなかったから心底、楽しめた。だから実際のレースでも……良い結果が得られることを願っている」

 一方、このリッチモンドの土曜に併催されたNASCARキャンピング・ワールド・トラック・シリーズ第18戦は、チャンドラー・スミス(カイル・ブッシュ・モータースポーツ/トヨタ・タンドラTRD Pro)が75周目以降に盤石のリードを維持し、プレーオフ2戦目で圧倒的な勝利を記録。

 服部茂章率いるハットリ・レーシング・エンタープライズは、同じくトヨタ・タンドラTRD Proに乗る16号車タイラー・アンクラム、61号車チェイス・パーディともにトップ10圏内を伺う好走を見せるも、最終的に13位、14位でレースを終えている。

最終盤には後方からクリストファー・ベル(Joe Gibbs Racing/トヨタ・カムリ)が迫るも「シフトダウンを忘れていて、彼に必要以上に迫られてしまった」と余裕のコメント
10位に終わったライアン・ブレイニー(Stewart-Haas Racing/フォード・マスタング/奥)は、プレーオフ当落線上を死守
Trackhouse Racingの国際ドライバー枠『PROJECT91』が公開した、キミ・ライコネン車のカラースキーム
NASCAR Camping World Truck Series第18戦は、チャンドラー・スミス(Kyle Busch Motorsports/トヨタ・タンドラTRD Pro)が圧勝を飾った

© 株式会社サンズ