米大統領夫人がコロナ陽性、症状軽微 バイデン氏は陰性

[ワシントン 16日 ロイター] - バイデン米大統領のジル夫人が新型コロナウイルス検査で陽性反応を示した。ジル夫人の報道官が16日、発表した。

報道官によると、ジル夫人は15日の定期検査で陰性を示したものの、同日夜に風邪のような症状が出始めた。その後に行った抗原検査では陰性だったものの、PCR検査では陽性だったという。

声明によるとジル夫人の症状は軽く、経口抗ウイルス薬「パクスロビド」の投与を受けている。当面はサウスカロライナ州の自宅にとどまり、2回連続して検査が陰性になればワシントンに戻る。

ホワイトハウスによると、バイデン大統領は16日のコロナ検査で陰性を示した。

© ロイター