三国時代が舞台の歴史サスペンス『風起隴西<ふうきろうせい>』、WOWOWにて放送決定!

9月21日(水)より、三国時代の動乱の裏で暗躍する間者たちの諜報戦を描いた歴史サスペンス『風起隴西<ふうきろうせい>-SPY of Three Kingdoms-』がWOWOWにて放送開始となる。

【関連記事】宮廷ラブストーリー『尚食~美味なる恋は紫禁城で~』、WOWOWで日本初放送・配信!

『風起隴西-SPY of Three Kingdoms-』概要

『長安二十四時』や『風起洛陽~神都に翔ける蒼き炎~』などの原作者として知られる作家・馬伯庸の小説を映像化した歴史サスペンス。本作の舞台は中国の三国時代で、西暦228年に始まった蜀による魏への北伐が背景となっている。主人公の陳恭を演じるのは、中国では永遠の男神とうたわれるチェン・クン(『鳳凰の飛翔』)。潜入捜査による苦痛と恐怖に追い詰められる中、敵国の情報を収集するベテランスパイを熱演する。その相棒・荀クを演じるのは『鎮魂』などで豊かな表現力を披露したバイ・ユー。荀クは融通の利かない性格だが陳恭を信じ抜き、素直に生きた光のような存在だ。また『瓔珞~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~』のニエ・ユエンが諜報機関トップ、『長安二十四時』のイン・ジューションが諸葛亮のライバルである驃騎将軍・李厳に扮する。

『風起隴西-SPY of Three Kingdoms-』あらすじ

西暦228年、諸葛亮は曹魏への北伐を開始するが、第一次北伐は失敗に終わる。蜀漢の諜報機関・司聞曹の分析によると、その敗因は偽情報により蜀軍が判断を誤ったことにあり、さらにその偽情報を送ったのは、曹魏に潜入している蜀漢の間諜・陳恭ということになった。対諜報部門である靖安司は、荀クに命じて、陳恭が裏切ったかを確かめるため曹魏に潜入させる。そこで荀クは、司聞曹の中に燭龍と呼ばれる曹魏の間諜がいるということを知り、その燭龍が陳恭の情報をすり替えたということが分かった。さらに蜀漢の新兵器・連弩の設計図を盗み、蜀漢で内乱を起こさせる“青萍計画”も実行するつもりという情報をつかんだ荀クと陳恭は、ともに燭龍を捜し出そうとする。

『風起隴西<ふうきろうせい>-SPY of Three Kingdoms-』はWOWOWにて、9月21日(水)20:00より放送開始(第一話無料放送)!
(海外ドラマNAVI)

© 株式会社ナノ・アソシエーション