國學院栃木 ベスト8進出ならず 夏の甲子園

夏の全国高校野球選手権大会は16日に3回戦が行われ、栃木県代表の國學院栃木は熊本県代表の九州学院と対戦。0ー4で敗れ、ベスト8進出はなりませんでした。

2回戦で前回覇者の智辯和歌山を破り、勢いに乗りたい國學院栃木。1回の表は、先頭バッターの原野がセンターへ幸先よくヒットを放つと、さらに盗塁でチャンスを広げますが後続が続きません。

逆にその裏、甲子園で初の先発を任されたキャプテンの平井が打たれ、先制を許します。
しかし、打たれたままで終わらないのがチームの大黒柱。中澤にマウンドを託してサードに入った3回の裏には、サードライナーの難しい打球を好セーブし、「守り」でチームを鼓舞します。

國學院栃木はその後、ピッチャーを中澤から中川、さらに2年生エースの盛永につなぐ継投策で6回まで追加点を許しません。

しかし7回の裏、2アウトランナー2塁の局面にタイムリーヒットで2点目を許します。

なんとか追いつきたい國學院栃木は8回の表、盛永が相手のエラーを誘う打球で塁に出ると、続く小垣の送りバント、そして原野のセカンドへの内野安打で1アウト1・3塁とします。この最大のチャンスにバッターは槙本。しかし、好投を続ける相手先発・直江の抜群の制球力を前に三振に沈むと、続く小木曽もファーストゴロに打ち取られ得点できません。

その裏にはピッチャーの盛永が相手打線に捕まり、さらに2点を献上し0-4とリードを広げられます。

そして迎えた9回の表、キャプテンの平井がレフトへ意地のヒットを放ちますが、後続がダブルプレーに。後がなくなった國學院栃木はバッターボックスに長田を迎えますが打ち取られゲームセット。ベスト4入りを目標に掲げた國學院栃木でしたが、4安打・無得点と打撃を抑えられて夢の舞台での3勝目はなりませんでした。

© 株式会社とちぎテレビ