ニッチなスポーツがブームに、手軽さが人気の秘密―中国

冬にスキーを楽しむ人たちは、夏になると何をして遊ぶのだろうか?ちょっとしたスペースさえあれば、楽しく走り回ることのできる「フライングディスク」が今、北京の若者の間で目新しいスポーツとしてますます人気を集めるようになっている。

フライングディスクの遊び方にもいろいろあり、敵、味方に分かれて1枚のディスクをパスしながら運び、エンドゾーンを目指すアルティメットも人気の競技だ。いろんなスポーツの特徴をまとめたような競技で、バスケットボールのようにディスクを持って歩くことはできず、サッカーのようにコート全体を走り回り、ラグビーのようにエンドゾーンを目指す。試合で、プレーヤーは息を合わせて、ディスクをパスしながら運び、走る・投げる・跳ぶといったさまざまな能力が要求されるほか、チームワークの高さも求められる。

フライングディスクは、パスして受ける人がいれば、どこででも、何人ででもでき、競争性は低いものの、とても楽しめるスポーツだ。アルティメットの試合は、審判がいなくても進めることでき、反則が疑われても、両チームで話し合って合意すれば、そのまま続けることができる。誠実で信頼できる態度を示して、互いに尊重し合い、自分たちで判断しながら公平にゲームを進めるスタイルであるため、互いに知らない仲だったとしても、すぐにコミュニケーションをとるようになり、親睦を深めることができる。

中国フライングディスク推進委員会の薛志行副秘書長によると、フライングディスクが中国で登場してすでに約20年になり、北京・天津・河北省、長江デルタ、珠江デルタが愛好者が多い地域となっており、現時点でプレイヤーの数は50万人に達している。また、民間クラブや高等教育機関のチーム、関係企業などが、フライングディスクの発展推進において重要な役割を果たしている。

上海超光速クラブは、フライングディスク愛好者が立ち上げ、5カ月で会員3000人が集まった。同クラブは、月に1回、スペシャルテーマの大会を開催し、1週間に1回、固定のチームが参加するリーグ戦を開催している。また、バラエティーに富んだオフラインイベントを企画して、幸先の良いスタートを切っている。

同クラブの創始者・劉笛揚さんは、「参加者はそれぞれのコミュニティーグループでフライングディスクを楽しみ、そこからまた自分でコミュニティーグループを立ち上げる人が出てくる。将来、新しい力になるような人がいつもおり、フライングディスクチームの規模は拡大するばかりだ」と話す。上海で中国初の女性フライングディスクチームを立ち上げたベテランプレイヤーの郭騂さんは、「女性が他の人と一緒に練習し、試合に参加すると、自信をつけ、レベルアップすることができ、そしてずっと続けていく人も多くなる」と話す。

大規模な大会開催は、ニッチなスポーツが多くの人に知られる良い機会となる。中国国家体育総局社会体育指導センターによると、第1回中国フライングディスクリーグ戦が今月から来年の5月まで開催される予定で、末端コミュニティーや企業・事業機関、社会団体、学校などのチームが申し込むことができる。業界関係は、フライングディスクが2028年ロサンゼルス五輪で新種目になることを期待している。薛副秘書長は、「五輪新種目となれば、中国のフライングディスクプレイヤーはさらに増えるだろう。また、関連スポーツ産業チェーンが伸びる機会ともなるだろう」と話す。

中国では近年、屋外スポーツが大ブームとなっており、フライングディスクが市場の扉を真っ先にこじ開けた。そして、その他のニッチなスポーツも商機を嗅ぎつけて、陣地拡大を加速させている。技術的ハードルが低く、必要なグッズも少なく、運動効果も高いというのが、そのようなスポーツを楽しむほとんどの人の共通の感想だ。

他のスポーツのプレイヤーも気軽に始めることができるというのも、新興スポーツの人気の秘密だ。フライングディスクのベテランプレイヤー・劉偉さんによると、アルティメットの試合では、プレイヤーがコートを走り回って、パスを出したり受けたりし、1試合で約5キロを走ることになる。そのため、サッカーやフラッグフットボールのプレイヤーが、それらの競技の練習のためにフライングディスクをしているうちに、フライングディスクに夢中になるというケースも多い」という。

清華大学体育産業発展研究センターの王雪莉センター長は、「新興のスポーツのほとんどは、ハードルが低く、手軽に始められる。また、他のスポーツのプレーヤーももっているスキルを活かすことができるほか、習うコストも安い。そのため、他のスポーツが好きな人もチャレンジしやすい。例えば、スタンドアップパドルボードやサーフスケートのプレーヤーの多くはもともとスキーやスケートボードのプレーヤーだ」と説明する。

ここ数年、中国で人気を集めているキャンプでも、フライングディスクやスタンドアップパドルボード、サイクリングなどを楽しむシーンが増えており、キャンプに行った時にそれらスポーツを楽しむというのが新たなトレンドとなっている。中央財経大学体育経済研究センターの王裕雄センター長は、「新興のスポーツの人気に火がつくというは、人々のライフスタイルが変化していることの現れでもある。国民健康デーが多元化、個性化、ファッション化しながら発展するにつれて、さらに多くのニッチなスポーツが活力を放つようになると確信している」とした。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

© 株式会社 Record China