中国初のラージトウ炭素繊維、試験生産の段階に入る―中国メディア

中国石油化工集団(中国石化)が16日に明らかにしたところによると、中国石化上海石油化工初のラージトウ炭素繊維生産ラインの設備設置がすべて完了し、試験生産の段階に入った。上海石化は中国で初めて、世界で4番目にラージトウ炭素繊維生産技術を確立した企業だ。

炭素繊維業界では通常、1束の炭素繊維の本数が4万8000フィラメント(48Kと略称)を超えるものがラージトウ炭素繊維と呼ばれる。中国の1束の本数は現在、基本的に1000フィラメントから1万2000フィラメントとなっており、スモールトウと呼ばれる。48Kのラージトウの最大の優位性は、同じ生産条件であっても炭素繊維の1本当たりの生産能力と品質・性能を大幅に引き上げられる上、コストを削減し炭素繊維の高価格による応用の限界を打破できることだ。

上海石化が研究開発・試験生産するラージトウ炭素繊維は、炭素原子の含有量が95%以上の高強度新型繊維材料で、力学的性能が優れており、比重は鋼の4分の1未満だが、強度はその7−9倍にのぼる上、耐腐食性を持ち、「新材料の王」と呼ばれ、「黒い金」とも呼ばれる。航空機部品、鉄道交通原材料、車体製造などに広く使用でき、各業界で応用の高い将来性を持つ。

炭素繊維技術は厳しい技術的ハードルがあり、これまでは日本や米国などの少数の先進国だけが技術を持ち、確立していた。上海石化は上海石油化工研究院や上海工程公司などと共同で、上海市の力強い支援を受けながら、北京化工大学や復旦大学などの十数の大学、科学研究院(所)、企業と共に、企業を主体とする「産学研用(産業、大学、研究機関、ユーザー)」を結びつけた協同イノベーションの道を歩んだ。2018年に重要なブレークスルーを達成し、48Kラージトウ炭素繊維の試作に成功するとともに、プロセスの全フローを貫いた。現在、中国石化の炭素繊維技術は独自の知的財産権を持っており、関連特許を274件取得し、165件の使用権を供与し、中国1位、世界3位となっている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

© 株式会社 Record China