長江流域の干ばつ深刻化、三峡ダムは排水量を増加―中国

長江流域はこのところ、深刻な干ばつに見舞われている。中国国家水利部長江水利委員会は16日、「同日12時から、三峡ダムは、長江中・下流に向け放水を行う」との水量調節に関する指示を出した。概算によると、三峡ダムからの流出量を増やすことで、今後5日間で長江の中・下流に約5億立方メートルの水が補充されることになる。人民網が伝えた。

長江委員会の副チーフエンジニアを務める陳桂亜(チェン・グイヤー)氏は、「調整指令が実施されると、三峡ダムの水位は、現在の約147.2メートルから1日ごとに低下、8月21日には146メートルまで調整される見通し。三峡ダムが長江中・下流に向けて放水する期間、金沙江下流にあるカスケード方式のダム群も同時に放水調整を実施し、約3億立方メートルの水が補充される計画だ」としている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

© 株式会社 Record China