大地真央&松本まりかコンビがパワーアップして帰還! 『最高のオバハン中島ハルコ』続編、10月スタート

ドラマ『最高のオバハン中島ハルコ』に出演する(左から)大地真央、松本まりか(C)東海テレビ

女優の大地真央が主演を務め、松本まりかが共演するドラマ『最高のオバハン中島ハルコ』の第2弾が、東海テレビ・フジテレビ系にて10月8日より毎週土曜23時40分に放送されることが決まった。

本作は、林真理子の小説「最高のオバハン」シリーズをドラマ化し、2021年4月に放送された痛快エンターテインメントの続編。主人公・中島ハルコは、アラ還バツ2の敏腕美容外科医。ただし生粋の名古屋人で、無駄なことが大嫌い。忖度(そんたく)のない毒舌で、出会った人間の無駄なプライドや悩みをばっさばっさと切り倒す。今度は「日本のへそ」岐阜を舞台に、絶滅危機にある伝統文化を守るべく、悪徳政治家や諦めている老人、無知な若者たちを相手にチームハルコが大暴れする。

主人公・中島ハルコ役の大地真央、ハルコにほんろうされつつ成長していくアラフォー女子・菊池いづみ役で松本まりかが続投。このほか、ハルコの助さん格さんである大谷将役の合田雅吏、若杉慎之介役の蕨野友也、いづみの上司・尾石初郎役の今野浩喜も再集結した。

主演の大地は「今回の舞台は岐阜県ということで、各地の伝統文化が登場します。岐阜市長良川の鵜飼いは、初めて拝見しましたが、夕闇の中、かがり火が水面に映ってとても綺麗でどこか懐かしさも感じましたし、鵜匠の方々のいで立ちや鵜との関係性もとても素敵で感動しました。刃物で知られる関市では真剣にも触れ、刀のパワーを感じました。他にも岐阜の魅力がたくさん詰まっている作品です」と本作を紹介。

いづみ役の松本は「第2弾のいづみは、振り回されるだけじゃありません。パワーアップしたハルコさんに負けないように、ちょっとだけ言い返したりもしています。第1弾でハルコさんから教えてもらったことがいづみの血肉になっている感覚です。そんないづみの成長した姿も楽しんで頂けたらと思います。でもすぐにハルコさんにガツーンとやられちゃいますが…大地さんとは阿吽の呼吸で掛け合いも出来るようになってきたと感じていて、お芝居をしていて楽しくて楽しくて仕方ないです」と話している。

原作者の林は「中島ハルコの前作がとても評判が良く、嬉しく思っていました。意外だったのは、大地真央さんがこの役をとても気に入ってくださったことです。大地さんといえば、美女の代名詞となる大スター。その方が、この自分勝手な図々しいおばさんを、とても楽しく演じてくださっているとは」とした上、「新シリーズでは、いづみの恋人(?)も登場します。私の原作では、デブの冴えないおっさんでハルコにいじめられますが、ドラマではどんな俳優さんが演じてくださるか、とても楽しみです」と語っている。

土ドラ『最高のオバハン中島ハルコ』は、東海テレビ・フジテレビ系にて10月8日より毎週土曜23時40分放送(全10話)。

※コメント全文は以下の通り。

<コメント全文>

大地真央(中島ハルコ役)

第2弾のお話をいただいた時は率直に嬉しかったです。周りの方々からも、またハルコさんが観たいとのお声をたくさんいただいていたので。

今回の舞台は岐阜県ということで、各地の伝統文化が登場します。岐阜市長良川の鵜飼いは、初めて拝見しましたが、夕闇の中、かがり火が水面に映ってとても綺麗でどこか懐かしさも感じましたし、鵜匠の方々のいで立ちや鵜との関係性もとても素敵で感動しました。刃物で知られる関市では真剣にも触れ、刀のパワーを感じました。他にも岐阜の魅力がたくさん詰まっている作品です。

ハルコさんは、なかなか人は言わないようなことを、それもズバっと言いますが、そこには情熱がいっぱいあるからなんです。今の時代、「触らぬ神に~」ということわざの様に、他人にはかかわらない事の方が多いのではと思いますが、ハルコさんはお節介なくらい黙ってはいられないし、また多方面から頼られる存在。正義感があるからこそ、妥協しないんです。ハルコさんを演じるには、体力も気力も喉も色々と大変ですけれども、第1弾よりもさらにオバハン度をパワーアップして、スカッとするハルコさんをお届けしたいと思っています。

チームワークが良くて、いい雰囲気の現場で、いづみ役のまりかちゃんとも、確実に良いコンビネーションが出来上がっています。毎日撮影で大変ですが、終わってから「今日も楽しかったです」「楽しかったね」などLINEでやりとりすることもありますし、チーム全体が、2作目でさらに信頼感が増しているように感じます。この現場のいい空気感をそのまま、観てくださる方に届けられたら嬉しいですし、ハルコさんから「パワーをもらった」「明日の活力源になった」と笑顔になっていただきたいですね。ぜひご覧ください。

松本まりか(菊池いづみ役)

第2弾のお話を頂いたとき、またあのチームのみんなと会えるんだということが嬉しかったです。本当に和気あいあいとした現場で楽しかった記憶しかなかったので。何より「大地さんとまたご一緒できる!」ということが、すごく嬉しかったです。それもこれも、第1弾が、ファンの皆様に支持された作品だったからだと思いますし、そんな皆様の気持ちも感じて身が引き締まる思いとともに、素直にありがたいなと思いました。

第2弾のいづみは、振り回されるだけじゃありません。パワーアップしたハルコさんに負けないように、ちょっとだけ言い返したりもしています。第1弾でハルコさんから教えてもらったことがいづみの血肉になっている感覚です。そんないづみの成長した姿も楽しんで頂けたらと思います。でもすぐにハルコさんにガツーンとやられちゃいますが…。大地さんとは阿吽の呼吸で掛け合いも出来るようになってきたと感じていて、お芝居をしていて楽しくて楽しくて仕方ないです。そんな空気が視聴者の方にも届けられれば嬉しいです。

撮影で岐阜県に長期滞在させて頂いているのですが、食事も美味しくて、お惣菜を買いに何度も何度も通うほどのお気に入りの和食店も見つけちゃいました。自然だけでなく文化や伝統も大切にしている岐阜県の魅力をドラマでもあますところなくお届けできればと思っています。土曜の夜に、ハルコさんにバッサ、バッサと切られて、爽快な1週間の終りにしていただければと思います。とっても楽しいドラマになっていると思いますので、ぜひ楽しみに、待っていて下さい!

■林真理子(原作)

中島ハルコの前作がとても評判が良く、嬉しく思っていました。意外だったのは、大地真央さんがこの役をとても気に入ってくださったことです。大地さんといえば、美女の代名詞となる大スター。その方が、この自分勝手な図々しいおばさんを、とても楽しく演じてくださっているとは。

新シリーズでは、いづみの恋人(?)も登場します。私の原作では、デブの冴えないおっさんでハルコにいじめられますが、ドラマではどんな俳優さんが演じてくださるか、とても楽しみです。中島ハルコを現代の水戸黄門とおっしゃる方もいますが、彼もいづみや大谷、若杉とともに、黄門さま御一行に加わるのかもしれませんね。ハルコがどんな風に世相を切るのか、どんな冒険をするのか、今からワクワクしています。

© ブロードメディア株式会社