【高校野球2022夏】ベスト4決定、準決勝の組合せは…

画像はイメージです

大会12日目となる2022年8月18日、夏の甲子園(第104回全国高等学校野球選手権大会)は準々決勝が兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で行われた。ベスト4に駒を進めたのは仙台育英(宮城)、近江(滋賀)、下関国際(山口)、聖光学院(福島)の4校。なお、準決勝は8月20日(土)に開催予定。

準々決勝第1試合の愛工大名電(愛知)vs. 仙台育英(宮城)では2-6で仙台育英が、第2試合の高松商(香川)vs.近江(滋賀)では6-7で近江が試合を制した。第3試合には下関国際(山口)と春夏連覇がかかる大阪桐蔭(大阪)が登場し、5-4で下関国際が大阪桐蔭を破った。第4試合は九州学院(熊本)vs. 聖光学院(福島)が対決、5-10で聖光学院が勝利した。

準決勝の対戦カードは以下の通り。

【準決勝対戦カード】

第1試合(9:00~) 仙台育英(宮城)vs.聖光学院(福島)
第2試合(11:30~) 近江(滋賀)vs.下関国際(山口)

今後の大会日程だが、明日、8月19日(金)は休養日のため試合はなく、第13日目の準決勝は8月20日(土)の開催となる。

なお、「バーチャル高校野球」では、決勝戦(8月22日午後2時)までの全試合を「バーチャル高校野球」にてライブ中継する。バーチャル高校野球は、朝日新聞社と朝日放送テレビが共同で運営する高校野球の総合サイト。2018年より運動通信社が運営するインターネットスポーツメディア「SPORTS BULL(スポーツブル)」上で展開している。

「バーチャル高校野球」はこちらから

編集部

© 株式会社イード