中国の民間航空輸送、7月の運行便数36万3千便

中国の民間航空輸送、7月の運行便数36万3千便

湖北省鄂州花湖空港の滑走路を滑走する順豊航空(SFエアラインズ)の貨物専用機。(7月17日撮影、鄂州=新華社記者/肖芸九)

 【新華社北京8月18日】中国民用航空局(民航局)は18日の定例記者会見で、民間航空の7月の運航実績を発表した。

 飛行時間は前年同月比15.7%減の77万8千時間。ゼネラルアビエーション(一般航空)は28.3%増の13万3千時間だった。航空事故はなかった。

 民間航空輸送は7月も回復基調を維持し、貨物と旅客を合計した輸送トンキロは前月比27.5%増の68億トンキロとなった。旅客輸送数は54.5%増の3399万6千人と3カ月連続で増加。貨物輸送量は2.1%減の53万9千トンとやや減少した。前年同月比では、輸送トンキロが21.1%、旅客輸送数が30.8%減、貨物輸送量が9.3%それぞれ減少。新型コロナウイルス発生前の2019年7月の実績を基準とした回復率は、輸送トンキロが60.0%、旅客輸送数が57.3%、貨物輸送量が87.4%となった。

 航空機1機当たりの1日平均飛行時間は6.3時間で、前月比で1.6時間増加、前年同月比で1.4時間減少した。運航便数は36万3千便、1日平均便数は前年同月比16.2%減、前月比33.5%増の1万1712便、全国定時運航率は89.1%だった。

© 新華社