中国の非金融対外直接投資、1~7月は4.4%増

中国の非金融対外直接投資、1~7月は4・4%増

中国の交通インフラ建設企業、中国路橋工程が投資開発したケニア・ナイロビの高速道路。(5月8日撮影、ナイロビ=新華社記者/董江輝)

 【新華社北京8月18日】中国商務部が18日発表した1~7月の対外直接投資(金融向け除く)は前年同期比4.4%増の4242億8千万元(1元=約20円)だった。ドル換算では3.6%増の650億6千万ドル(1ドル=約135円)となった。うち、リース・ビジネスサービス業向け投資は24.5%増の223億8千万ドルとなり、卸売り・小売業や製造業、建設業などへの投資も増加した。「一帯一路」沿線国向けは5.1%増の118億7千万ドルで、投資総額に占める割合は18.2%だった。

 対外請負工事の完成工事高は4.4%増の5302億6千万元(ドル換算は3.6%増の813億1千万ドル)、新規契約額は7.0%減の7417億8千万元(ドル換算は7.7%減の1137億5千万ドル)だった。「一帯一路」沿線国での完成工事高は441億4千万ドル、新規契約額は572億7千万ドルで、それぞれ全体の54.3%、50.4%を占めた。

© 新華社