72歳女性「外国居住の医師」に1千万円詐欺被害 以前も1800万円被害

滋賀県警甲賀署

 滋賀県警甲賀署は19日、滋賀県甲賀市内の無職女性(72)が交流サイト(SNS)で知り合った人物から現金約1千万円をだまし取られた、と発表した。特殊詐欺事件として調べている。

 同署によると、女性はSNSで知り合った外国居住の医師を名乗る男から帰国のための運賃名目で要求された現金400万円を指定口座に入金。その後、紹介された配送会社の担当者を名乗る男から「医師の5年分の報酬となる1億8千万円を受け取ってほしい」「配送には手数料が必要」などとして7月20日~8月17日にわたって計約560万円を指定口座に振り込んだ、という。

 同署の説明では、女性は今年3~4月に同じ医師を名乗る男らに現金1800万円をだまし取られていたが、「帰国後にこれまで振り込んだお金を返済する」などと言われて信じたという。

© 株式会社京都新聞社