中国の「2022年世界ブランドトップ500」でアップルが首位、日本からランクインしたのは?

ブランド連盟(北京)諮詢股份公司と中国エキシビション経済研究会がこのほど共同で主催した第16回中国ブランドフェスティバル年次総会で、「2022年世界ブランドトップ500」ランキングが正式に発表された。それによると、米アップル社がブランド価値7998億ドルで首位に立ち、2位から4位にもマイクロソフト(6674億3500万ドル)、グーグル(4055億3200万ドル)、アマゾン(4025億3800万ドル)の米3社が並び、5位はサウジアラビアのサウジアラムコ(3773億4000万ドル)だった。中国新聞網が伝えた。

国別に見ると、米国のブランドが210で最も多く、全体に占める割合は42%、ブランド価値の合計は13兆ドルに達した。中国は122で2番目に多く、ブランド価値は合計5兆6500億ドルだった。日本は42で3位、ブランド価値は合計1兆5200億ドルだった。

米国のブランドが上位10位のうち8つを占め、1~4位に並んだアップル、マイクロソフト、グーグル、アマゾンのほか、フェイスブック、テスラ、ユナイテッドヘルス・グループ、ジョンソン・エンド・ジョンソンがトップ10入りした。

中国のブランドでは中国石油天然ガス(ペトロチャイナ)がブランド価値2880億ドルで9位に入った。トップ20入りした中国のブランドには、11位の中国石油化工(シノペック)、14位の国家電網、18位の華為(ファーウェイ)がある。

日本のブランドで最高はトヨタの15位で、ブランド価値は2040億ドルだった。次はソニーの55位。このほかホンダ、日立、パナソニック、三菱電機、ソフトバンク、任天堂など42のブランドもランク入りした。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

© 株式会社 Record China