韓国のお騒がせ女性、「ビキニでバイク」の次はウエディングドレスで警察に出頭

2022年8月19日、韓国メディア・韓国経済によると、先月31日に上半身裸の状態でバイクに乗りソウル・江南周辺を走行した男性と、その後部座席にビキニ姿で乗った女性が「過多露出」の容疑で立件された。

記事によると、軽犯罪処罰法上の過多露出罪は、公共の場所で公然と身体の主要部位を露出し、他人に羞恥心や不快感を与えた場合に適用され、10万ウォン(約1万円)以下の罰金、拘留または過料が科せられる可能性がある。

韓国警察によると、2人は18日に立件された。女性は同日、自身のSNSで事情聴取を受けるため警察に出頭することを報告し、その様子を映した映像を公開したが、映像には純白のウエディングドレスを着た女性が黄色いスポーツカーから降り、警察署に入っていく姿が映っていたという。

これについて、韓国のネットユーザーからは「警察の事情聴取は遊びではない」「人を怒らせることがそんなに楽しいのか?」「注目を集めるために警察まで利用するとは」「彼女たちの行動は自由ではなく自分勝手。社会に規範がなぜ必要なのか、少しは勉強してほしい」など怒りや呆れた様子の声が多数寄せられている。

一方で「発想が最高」「すごい度胸だ」「ビキニを着ていけばよかったのに」「刑事はタキシードを着て登場してほしい」など応援する声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

© 株式会社 Record China