中国、不動産開発会社の資金需要へ慎重に対応=銀行監督当局

[北京 19日 ロイター] - 中国の銀行監督当局、中国銀行保険監督管理委員会(銀保監会)は19日、不動産開発会社に対する慎重な金融管理制度の導入を進め、不動産開発会社の合理的な資金需要に効果的に対応することを目指すと明らかにした。ロイターに対する声明で表明した。

ロイターは18日、銀保監会が一部の国内・外国金融機関の不動産業界向け融資の内容を調査し、システミックリスクを評価していると報じた。

中国では不動産開発業者で債務不履行が相次ぎ、住宅販売が低迷しており、経済のさらなる混乱が懸念されている。このため中国の政策当局は、経済の4分の1を占める不動産部門の安定化を図ろうとしている。

中国政府は融資リスクを管理しながら、資金繰りに窮する不動産開発業者に対して銀行が新規融資をするように促そうとしている。

銀保監会は声明で、不動産プロジェクトの実現を保証し、国民の生活を守るための取り組みを強化するため、政府の他部門と積極的に連携していると表明。不動産業界の健全な発展の促進も目指すとした。

© ロイター