仙台育英18―4聖光学院 仙台育英が19安打18得点

仙台育英―聖光学院 2回表仙台育英無死一、三塁、尾形が右前に適時打を放つ。投手小林剛、捕手山浅=甲子園

 仙台育英が19安打18得点。0―1の二回に秋元、高橋、尾形の3連続適時打など、この回7安打に3四球、相手の失策も絡んで一挙11点。三回、六回、七回に2点ずつ加えるなど得点を重ねた。投手陣は3番手で3回無失点の仁田ら3人の継投で危なげなく逃げ切った。

 聖光学院は先発の小林剛が二回途中6安打5失点と打ち込まれた。後を継いだ佐山も相手の勢いを止められなかった。3失策と守備の乱れも響いた。打線は六回に3点を返すなど粘りも見せた。

© 一般社団法人共同通信社