映画ワンピース、100億円突破 興行収入、20日間で

映画「ONE PIECE FILM RED」より((C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会)

 尾田栄一郎さんの人気漫画をアニメ映画化した「ONE PIECE FILM RED」を配給する東映は25日、国内の興行収入が100億円を突破したと発表した。8月6日の公開から20日間で達成し、観客は720万人を動員した。

 邦画の興収が100億円を超えるのは昨年公開の「劇場版 呪術廻戦 0」(137億円)以来。洋画では、今年5月に封切られたトム・クルーズさん主演の「トップガン マーヴェリック」も日本国内の興収が100億円を超えている。

 「ONE PIECE―」はシリーズ第15作目で、人気キャラクターのシャンクスと彼の娘で世界的な歌手ウタが物語の鍵を握る。

© 一般社団法人共同通信社