京セラの稲盛名誉会長が死去 KDDI設立、日航再建も

死去した稲盛和夫氏

 京セラ創業者で名誉会長の稲盛和夫さんが24日午前8時25分、老衰のため京都市内の自宅で死去した。90歳。鹿児島市出身。KDDIを設立し、日本航空の再建も手がけた。後日、お別れの会を執り行う予定。喪主は長女の金沢しのぶさん。

 1959年に京都セラミック(現京セラ)を創業。一代で売上高1兆円超、グループ従業員約8万3千人の世界的メーカーに。

 電気通信事業が自由化されると第二電電企画(現KDDI)を84年に旗揚げし、情報通信分野へ参入。携帯電話の事業化にも力を注いだ。

 2010年には政府の要請で、経営危機に陥った日本航空の会長に就任、無給で再建の指揮を執った。

京都市伏見区の京セラ本社=30日午後
京セラの創業者で名誉会長の稲盛和夫さんが死去したことを伝える大阪・梅田のモニター=30日午後

© 一般社団法人共同通信社