水際対策緩和、上限5万人に 観光受け入れ対象国の制限撤廃

成田空港の国際線到着ロビー=6月

 政府は7日、新型コロナウイルスの水際対策を緩和した。日本人帰国者を含む入国者数上限を1日当たり2万人から5万人に引き上げ、観光客の受け入れ対象を102の国・地域としていた制限もなくした。岸田文雄首相は国内での発症者の療養期間短縮などコロナとの共存に本腰を入れるための方策を相次ぎ表明しており、観光面でも訪日外国人旅行者の回復を図る狙いだ。

 ただ、ビザ取得の義務づけなど制約は残る。コロナ禍前に最も多かった中国人客も当面の回復は見通せず、今回の緩和でも訪日客の大幅増にはつながらないとの見方が強い。インバウンド(訪日客)消費など経済効果は限定的になりそうだ。

© 一般社団法人共同通信社