ブラジル、アイフォーン販売停止 「充電器必要」

アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新型「13」シリーズの4機種=2021年9月、東京都内

 【サンパウロ共同】ブラジル政府は6日、米アップルのiPhone(アイフォーン)について、充電用の電源アダプターが同梱されていないのは不完全だとして、アダプターなしのアイフォーンの販売停止を命じた。アップルのブラジル子会社にも約1227万レアル(約3億3400万円)の罰金を科した。6日付の官報に掲載した。

 アップルは「環境保護」を目的として、2020年発売のアイフォーン12以降、アダプターとイヤホンを同梱していない。

 ブラジル政府はアップルの方針に対し「必要不可欠な機能を欠いた商品の販売だ」などと主張。12シリーズ以降の販売登録を剥奪するとした。

© 一般社団法人共同通信社