障害者用Suica、来春開始 自動改札で割引適用

自動改札を通過すると割引が適用される障害者用の「Suica(スイカ)」(JR東日本提供)

 関東圏を中心とする電車、バスなどの事業者でつくる関東ICカード相互利用協議会は14日、障害者とその介護者向けのSuica(スイカ)やPASMO(パスモ)のサービスを来年3月から始めると発表した。現状のICカードでは駅を出るときに有人改札を通らないと障害者割引が適用されず、当事者らから改善要望が出ていた。

 協議会によると、自動改札を通過すれば割引が適用されるようになる。バスでも利用できる。対象は障害の重い第1種の身体障害者か知的障害者と、その介護者。販売窓口で障害者手帳を提示すると発行され、1年ごとに更新が必要となる。

© 一般社団法人共同通信社