大型台風14号、3連休西日本へ 気象庁、早めの対策呼びかけ

 大型の台風14号は15日、日本の南の海上を西へ進んだ。発達しながら北西に向かう見通し。週末からの3連休に奄美、九州など西日本に近づく恐れがある。気象庁は今後の情報に注意し早めの対策を取るよう呼びかけた。

 気象庁によると、17日にかけて沖縄・大東島地方に接近した後、進路によっては九州南部・奄美に18日、強い勢力でかなり近づく見込み。

 台風14号は大型に変わった。15日正午現在、日本の南を時速約15キロで西へ進んだ。中心気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30m、最大瞬間風速は40m。

 中心から半径95キロ以内は風速25m以上の暴風域。

© 一般社団法人共同通信社