ダイドーとアサヒ飲料が提携 自販機事業の新会社設立

 飲料大手のダイドーグループホールディングスは15日、子会社のダイドードリンコとアサヒ飲料が自動販売機事業に関する包括的業務提携を結んだと発表した。共同出資の新会社を設立し、生産性の向上を図る。

 新会社名はダイナミックベンディングネットワーク。ダイドードリンコが66.6%、アサヒ飲料が33.4%それぞれ出資し、2023年1月に設立する予定。新会社の下で両社の自販機事業を統合し、一体的に運営する。コスト削減や人手不足の緩和につなげるほか、これまでも行ってきた両社製品の相互販売を拡大することで新規顧客を獲得できるとしている。

© 一般社団法人共同通信社