鳥取の特産品を「メルカニ」で 全国初コラボ、ネット通販

「メルカリショップス」のキックオフイベントに参加した鳥取県の平井伸治知事=15日午後、鳥取県庁

 鳥取県は15日、インターネット通販サイト「メルカリショップス」で、ベニズワイガニや和牛などの特産品の販売を同日から始めたと発表した。期間は来年2月末まで。県によると、同サイトと自治体がコラボして特産品を販売するのは初めて。サービスの名称は「メルカリ」と「カニ」をかけて「メルカニショップス」。11月中旬からはマツバガニも取り扱う。

 県が公認した24の事業者が販売する。フリーマーケットアプリ「メルカリ」でも購入できる。担当者は「消費者に身近なツールで鳥取の食を多くの人に届けやすくなった」と意気込んでいる。

© 一般社団法人共同通信社