21年度概算の医療費44兆円 過去最高、コロナ反動

厚生労働省

 厚生労働省は16日、2021年度に病気やけがの治療で全国の医療機関に支払われた概算の医療費が、過去最高の44兆2千億円だったと発表した。新型コロナウイルス感染拡大に伴う受診控えで減少に転じた20年度に比べ2兆円の増加。伸び率は4.6%だった。厚労省は「コロナ関連費が増えた。子どもの外来受診が大きく伸びるなど反動も出た」と分析した。

 21年度は流行「第5波」「第6波」で感染が急拡大したものの、20年度に比べ人の流れが戻ったことが要因とみられる。

 外来医療費は15兆3千億円で、1兆1千億円増。診療所の小児科の伸び率は42.4%に達した。

© 一般社団法人共同通信社