新ワクチン、今月接種開始が8割 半数が現役世代の政府想定前倒し

 新型コロナウイルスのオミクロン株対応の新しいワクチンに関し、47都道府県庁所在市区のうち、8割に当たる38市区が今月中に接種を開始することが17日、共同通信の調査で分かった。4回目を打っていない60歳以上の人らが優先対象。その後に続く59歳以下の現役世代は、ほぼ半数の24市が政府想定を前倒しし10月上旬までに始める。接種開始時期を巡り、政府が当初方針を変更し9月20日に1カ月程度繰り上げたことで、31市が「混乱した」と答えた。

 接種事業は1年半以上続き、関心の低下も懸念される中、自治体が政府に早期の準備を迫られ、不安を抱えながらも態勢を整えた格好だ。

© 一般社団法人共同通信社