鹿児島県、災害救助法適用を決定 災害前は初、交通に影響、停電も

台風14号の影響による、一部列車の運休を知らせる張り紙=17日午後7時11分、JR博多駅

 大型で猛烈な台風14号の接近に伴い、長崎、熊本、宮崎、鹿児島の4県は17日、災害対策本部を設置した。鹿児島市や宮崎市、熊本県天草市など一部自治体で避難指示が出されたほか、鹿児島県では停電も発生した。

 鹿児島県は同日、県内全市町村への災害救助法の適用を決めた。内閣府によると、災害発生前の適用は昨年の法改正で可能となり、今回が初めて。

 3連休初日だが、九州各地で鉄道の計画運休や航空機の欠航が広がり、予定を変更して帰途に就く観光客の姿もあった。九州新幹線は18日、熊本―鹿児島中央間で始発から、博多―熊本間は正午ごろから運休する。

© 一般社団法人共同通信社