選挙支援を報告するも公表されず 9人、自民議員・旧統一教会調査

8日、記者会見する自民党の茂木幹事長=東京・永田町の党本部

 自民党の行った所属国会議員と世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との接点調査で、教団側から受けた選挙支援の内容を報告したのに、氏名が公表されなかった議員が少なくとも9人いることが18日、分かった。自民党に公表外の理由を尋ねたが「提出された調査票を整理・精査した上で結果を公表している」と回答、具体的な説明はなかった。有識者は「公表基準が不透明で、調査の体をなしていない」と批判する。

 自民党は8日、議員18人が選挙において、ボランティアによる支援や組織的支援などを受けたとして氏名を公表した。

© 一般社団法人共同通信社