東芝出資、オリックスが検討 入札参加の投資会社が打診

東芝のロゴ=2021年4月、東京都港区

 国内投資会社の日本産業パートナーズ(JIP)が、東芝の再建に向けた出資を日本企業に打診していることが18日、関係者への取材で分かった。オリックスは出資に加わるかどうかの検討に入った。JIPは他の企業にも参加を打診しているもようだ。JIPは非上場化を含む東芝再建案の公募で1次入札を通過。2次入札に向け、大手企業を巻き込み国内勢中心の支援体制を模索しているとみられる。

 東芝は安全保障の観点で重要な技術を持ち、海外投資家が東芝を買収する場合は政府による審査が必要になる。JIPが国内勢中心の陣営を固めることができれば、2次入札の選定で有利に働く可能性がある。

© 一般社団法人共同通信社