核使用なら「重大な結果」 米大統領、ロシアに警告

 【ワシントン共同】バイデン米大統領は18日放映の米CBSテレビのインタビューで、ウクライナ侵攻で劣勢に立たされているロシアが化学兵器や戦術核兵器を使えば、米国も対応策を取り「重大な結果を招くことになる」と警告した。「ロシアが何をするかによって対応策を決める」と述べ、具体策は明らかにしなかった。

 バイデン氏はロシアのプーチン大統領が化学兵器や戦術核を使用すれば「第2次大戦後なかった状況へと戦争を変質させる」と指摘し「使ってはならない」と3回繰り返した。使用に踏み切れば、ロシアはさらに国際社会で孤立するとけん制した。

© 一般社団法人共同通信社