最多123ダムで事前放流 緊急放流も7カ所

 国土交通省は19日、台風14号の大雨に備え、九州や中国、四国を中心に19府県の計123ダムで、農業や発電用にためた水をあらかじめ放出する「事前放流」をしたと発表した。また、決壊や破損を防ぐため、流入量と同じ量を放出する「緊急放流」も九州3県の7ダムで実施した。同日午前8時現在の集計。

 事前放流は18日時点で105ダムだった。取り組みを本格化した2020年以降、一つの台風への対応としての最多を更新した。水を事前に放出し、雨をせき止める容量を増やす。

 国交省は台風の東進に伴い、事前放流、緊急放流ともに実施するダムが増える可能性があるとしている。

© 一般社団法人共同通信社