水川あさみ「とてもぜいたく」奈良の山で映画撮影の合間にしいたけ採り

 舞台あいさつに登壇した(左から)村瀬大智監督、三浦誠己、三宅朱莉、水川あさみ、堀田眞三、河瀨直美氏

 女優の水川あさみ(39)が19日、奈良市内で行われた「なら国際映画祭 2022」で、NARAtive2022「霧の淵」プレミア上映舞台あいさつに出席した。

 同映画祭のプロデュースによる、奈良を舞台にした作品。水川は同県川上村で、山に囲まれた土地で旅館を営むおかみを演じた。「関西出身ですし、奈良もなじみのある土地。スタッフの方も関西の方たちに囲まれているというだけで安心感がありました」と撮影を振り返った。

 実在する旅館を使い撮影を実施。メイキング映像では、本物のおかみと水川が旅館の裏山でしいたけを採る姿が映された。水川は「撮影とそれ以外が一緒という過ごし方がこの作品に合っている」と話し、「なかなか難しいですけど、本来こういうふうに映画を撮れるといいんだろうと思います。とてもぜいたくな時間でした」と映画監督の顔をのぞかせた。

© 株式会社神戸新聞社