迫力の流鏑馬に拍手喝采 遠野まつり最終日

大勢の観客が見守る中、的に矢を放つ射手奉行

 日本のふるさと遠野まつり(実行委主催)は最終日の18日、遠野市松崎町の遠野郷八幡宮で遠野南部流鏑馬(やぶさめ)が行われ、大勢の観客が遠野南部氏ゆかりの伝統行事を楽しんだ。

 遠野南部流鏑馬保存会(照井文雄会長)の会員が馬に乗り、220メートルの芝の馬場を力強く疾走。武者装束の射手奉行は慎重に狙いを定め、鋭く矢を放った。次いで介添奉行は「よう射たりや」と射手を褒めたたえながら馬を走らせ、観客は大きな拍手を送った。

© 株式会社岩手日報社