米国の鉄道やバス、無料化相次ぐ コロナ禍から回復へ、期間限定で

バージニア急行鉄道の駅に張られた「2022年9月運賃無料」と書かれたポスター=13日、ワシントン(共同)

 【ワシントン共同】米国の鉄道や路線バスで、運賃を主に期間限定で無料にする試みが相次いでいる。車社会の米国ではマイカー利用が主流だが、ガソリン価格が高騰する中で身近な移動手段として改めてアピールし、コロナ禍で落ち込んだ利用者数を回復させようとしている。

 首都ワシントンと近郊のバージニア州を結ぶバージニア急行鉄道の駅に9月の全線無料化を知らせるポスターが張られた。2路線のうち距離が長いフレデリックスバーグ線の片道運賃は通常、最大12.15ドル(約1700円)かかる。

 西部コロラド州は、州内の次世代型路面電車(LRT)や路線バスを8月に無料で運行させた。

© 一般社団法人共同通信社