ロシア編入へ住民投票 23~27日、戦況劣勢に危機感

20日、住民投票実施を決めるウクライナ東部「ドネツク人民共和国」の「議会」メンバー(タス=共同)

 【キーウ共同】ウクライナ東部ドンバス地域の一部を実効支配する親ロシア派は20日、ロシアへの編入に向け住民投票を23~27日に実施すると発表した。ロシアメディアが伝えた。東部ハリコフ州からロシア軍が敗走し危機感が高まる中、編入を急ぎロシアの後ろ盾で防衛を固める狙いとみられる。

 ロシア軍が大半を制圧したドンバス地域を構成するドネツク州とルガンスク州で親ロ派の「議会」が決めたとしている。南部ヘルソン州を制圧したロシア側トップのサリド氏も住民投票を23~27日に実施すると発表。南部ザポロジエ州のロシア側トップ、ロゴフ氏は「近日中に実施する可能性がある」と述べた。

ウクライナ・「住民投票」が行われる予定の4州(ルガンスク州、ドネツク州、ザポロジエ州、ヘルソン州)

© 一般社団法人共同通信社