W杯で異例!レヴァンドフスキ、ウクライナ国旗のキャプテンマークを着用へ

ワールドカップ開幕まで60日ほどに迫ってきた。

バルセロナでゴールを量産するロベルト・レヴァンドフスキはポーランド代表のキャプテンとして本大会に挑む予定だ。

その彼とウクライナのレジェンドであるアンドリー・シェフチェンコが対面を果たした。

ウクライナはロシアによる軍事侵攻を受けているが、レヴァンドフスキはそのロシアとの対戦を拒否し、ウクライナへの連帯を真っ先に示したひとりだった(その後、ロシアはW杯予選から排除)。

このほど、2人は平和へのメッセージを送るために対面。レヴァンドフスキはシェフチェンコから託されたウクライナカラーのキャプテンマークをW杯本大会で着用すると約束した。

ロベルト・レヴァンドフスキ

「カタールW杯でウクライナカラーを着用するつもりだ。

選手として、人として、平和を支持しているし、こういった象徴的な行為は大事だと思う。

シェフチェンコの腕章を11月のW杯で着用する。

ウクライナの人達がひとりではないこと、僕らの心のなかにいることを思い出させるためにね。

アンドリーとともにここにいることは僕にとって大きな意味がある」

アンドリー・シェフチェンコ

「この腕章は誇り、力、ウクライナへの愛着を表すもの。

彼がW杯の舞台でウクライナの腕章とともにプレーできるようにこれを託す。

レヴァンドフスキに感謝したい。この連帯のための行為と、彼が我が国に代わって取り組んでくれている全てにね」

ウクライナは今W杯は予選プレーオフで惜しくも敗退しており、本大会出場は逃している。

【関連】2022年のW杯に出られなかった11名の輝かしいスーパースター

W杯の舞台で他国のアームバンドを着用するのは全体未聞のはずだ。

© 株式会社コリー