チェルシー、アストン・ビラと来夏契約満了のブラジル代表MFを狙う?

ドウグラス・ルイス 写真:Getty Images

チェルシーが、アストン・ビラに所属するブラジル代表MFドウグラス・ルイス(24)の獲得に興味を示しうているようだ。イギリス『バーミンガム・メール』が伝えた。

バスコ・ダ・ガマ(ブラジル)でプロキャリアをスタート後、2017年夏にマンチェスター・シティへ移籍と同時にジローナへ2年間の武者修行を経験したドウグラス・ルイス。シティへ復帰することなく、2019年夏にアストン・ビラへ活躍の場を移すと、豊富な運動量と球際の強さを武器に今季もプレミアリーグ7試合に出場している。

アストン・ビラとの現行契約が来夏に満了となるドウグラス・ルイスには、移籍市場最終盤にアーセナルが獲得に動くも、移籍金が4000万ポンド(約65億3000万円)未満だったことからクラブが頑なにオファーを拒否していた。同選手には依然として、複数のプレミアクラブが関心を示しており、そのうちの1クラブがチェルシーだという。

なお、チェルシーではイタリア代表MFジョルジーニョとフランス代表MFエンゴロ・カンテが来夏契約満了に。前者に関してはバルセロナがフリーでの獲得に興味を持っているとされており、後者はチェルシーからの延長オファーを拒否したと報じられている。

© フットボール・トライブ株式会社