欧米、親ロ派住民投票を一斉非難 ウクライナ外相「偽物」

20日、ウクライナ東部ルガンスク州で、親ロシアのスローガンが書かれた広告のそばを通り過ぎる車(ロイター=共同)

 ウクライナ東部や南部の計4州の一部を実効支配する親ロシア派がロシア編入に向けた住民投票を23~27日に実施すると発表したことに対し欧米側が20日、一斉に非難、ウクライナのクレバ外相も「偽物だ」と反発した。一方、ロシアのウォロジン下院議長は「ロシアの一部になりたいという意思表示があれば、われわれは支持する」と歓迎。ウクライナ軍の反攻を受け、編入を急ぎ支配を正当化する狙いだ。

 住民投票が行われるのはロシア軍が大半を制圧したドンバス地域を構成するドネツク州とルガンスク州のほか南部のヘルソン、ザポロジエ両州。(共同)

© 一般社団法人共同通信社