アーセナルらが狙うシャフタールFWをレアルも狙う?CL対戦時に見極めか

ミハイロ・ムドリク 写真:Getty Images

レアル・マドリードが、シャフタール・ドネツクに所属するウクライナ代表MFミハイロ・ムドリク(21)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『Fichajes』が伝えた。

今年6月にウクライナ代表デビューを果たして5キャップを誇るムドリクは、2018年にシャフタールのトップチーム昇格を果たすと、アルセナル・キエフとデスナ・チェルニーヒウへのレンタル移籍を経験。一瞬の加速とテクニックを併せ持ったドリブルを得意としているサイドアタッカーだ。

今季の公式戦ここまで5試合に出場して2ゴール3アシストを記録しているムドリクに対して、今夏にも獲得に熱心だったアーセナルやリバプール、セビージャが関心を示している模様。そのなかで、マドリードも関心を示しており、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージで直接対戦した際にムドリクをチェックしたいと考えているようだ。

なお、ムドリクは自身の去就について「誰もがプレミアリーグを夢見ている。トップリーグだが、憶測はもう良い。シャフタールに集中している。冬に何が起きているのか見てみよう」とコメント。CLでの活躍を受けて、注目度が増していくムドリクだが、今冬にステップアップすることはあるのだろうか。

© フットボール・トライブ株式会社