「唖然とした」 プリシッチ、トゥヘル監督の“裏切り起用”に恨み節

日本代表と戦うアメリカで10番を背負うクリスティアン・プリシッチ。

チェルシーではトーマス・トゥヘル監督に重用されていなかったが、指揮官交代で立場が変わるかもしれない。

そのプリシッチは近刊予定の著書「Christian Pulisic: My Journey So Far」で、トゥヘル監督の采配を揶揄しているという。

チェルシーは優勝を収めた2020-21シーズンのUEFAチャンピオンズリーグの準決勝でレアル・マドリーと対戦。プリシッチは先発起用された1stレグでゴールを決めていたが、2ndレグはスタメン落ち。その件についてこう綴っているそう。

「あの試合の前に起きたことにはひどく失望した。

1stレグで本当にいいパフォーマンスをした後、次はフラムとのリーグ戦が控えていたんだ。

トゥヘルからは2ndレグのために休ませると言われ、その結果、僕はフラム戦で1分もプレーしなかった。

2ndレグが行われる当日にトゥヘルから言われた。気が変わり、カイ(・ハヴァーツ)で行くと。

正直、唖然としたし、ひどく失望したよ。

スタメンの座を得たと思っていたし、何よりも彼が先発を確約していたからね。

だから、残り25分くらいで投入された時はかなり気が動転していた」

2ndレグでのスタメン起用を約束されていたものの、当日になって控えになることを知らされたそう。決して珍しくないことのようにも思えるが…。

【関連】代表監督や代表チームとケンカ別れした7人のスター

ちなみに、2人はドルトムントでもともに働いた間柄だ。

© 株式会社コリー