フォルクスワーゲン ティグアンに「TSI 4MOTION」が追加ラインナップ。実用性にも優れた、スタンダード版4WDモデルだ

2022年9月21日、フォルクスワーゲン ジャパンは、ミドルサイズSUV「ティグアン」に2L TSIエンジンに独自の4輪駆動システム、4MOTIONを組み合わせた「TSI 4MOTION」を追加。同日より受注の受付を開始した。

実用領域で力強い2L TSIエンジンと4MOTIONの組み合わせ

フォルクスワーゲンの人気ミドルサイズSUV「ティグアン」のパワートレーンの選択肢が増えた。これまでの1.5L TSIエンジン(150ps/250Nm)+FFとハイパワー版2L TSIエンジン(320ps/420Nm)+4MOTION搭載の「R」に加え、スタンダードな2L TSIエンジン(190ps/320Nm)+4MOTIONの「TSI 4MOTION」が新たに追加設定されたのだ。

「TSI 4MOTION」の登場は、降雪地域などの方々にとっても朗報かもしれない。こちらはアクティブアドバンス。外観はおとなしめだが、実用車としての質実剛健感は十分漂う。

「TSI 4MOTION」に搭載される2L TSIエンジンは、パワースペックこそRに比べて控えめだが、最大トルク発生回転数は1500~4100rpmとより広い領域で力強いことが特徴のひとつだ。そして、実用性に富むこのエンジンにフォルクスワーゲンの四輪駆動として定評のある4MOTIONシステムが組み合わされる。高いロードホールディング性能や優れた悪路走破性が期待できるのは、言うまでもないだろう。

「TSI 4MOTION」には3グレードを用意。エントリーグレードの「アクティブ」は、1.5L TSIエンジン搭載車と同様の装備に加え、4MOTIONアクティブコントロールやヒルディセントアシスト、ドライビングプロファイル機能などが装備される。

中堅グレードは、「アクティブ アドバンス」。LEDマトリックスヘッドライト「IQ.LIGHT」やフォルクスワーゲン純正インフォテイメントシステム「Discover Pro」やデジタルメータークラスター「Digital Cockpit Pro」などの先進装備が、標準で設定される。

上級グレードの「Rライン」には、専用の内外装に加え、アダプティブシャシーコントロール「DCC」やレザーシートなどがオプションで選択できる。

Rラインのインテリア。FFモデルとの最大の違いは、シフト手前の4MOTIONアクティブコントロールスイッチだ。

これにより、「ティグアン」のラインナップは4種類から7種類へと拡大した。ちなみに「TSI 4MOTION」のボディカラーは、ナイトシェードブルーメタリックやドルフィングレーメタリックなど全5色展開となる。

フォルクスワーゲン ティグアン TSI MOTIONグレード展開

・TSI 4MOTION アクティブ:479万2000円
・TSI 4MOTION アクティブアドバンス:518万8000円
・TSI 4MOTION Rライン:581万6000円

フォルクスワーゲン ティグアン TSI 4MOTION Rライン主要諸元

●全長×全幅×全高:4515×1860×1675mm
●ホイールベース:2675mm
●車両重量:1720kg
●エンジン:直4DOHCターボ
●総排気量:1984cc
●最高出力:140kW(190ps)/4200-6000rpm
●最大トルク:320Nm/1500-4100rpm
●トランスミッション:7速DCT(DSG)
●燃料・タンク容量:プレミアム・61L
●タイヤサイズ:255/45R20
●車両価格(税込):581万6000円

© 株式会社モーターマガジン社