【2022/23プレミアリーグ】女子プレイヤーの技ありヘアスタイル9選

写真:Getty Images

サッカーと言えば、一般的に男子プレイヤーの活躍にスポットが当たりがちだ。しかし女子プレイヤーのことを知れば知るほど、より幅広い視野でサッカーを楽しめると筆者は信じている。

日本国内では、2011年にドイツで開催された第6回FIFA女子ワールドカップで、なでしこジャパン(日本女子代表)が頂点に立ったことをきっかけに「女子サッカー」がより多くの注目を浴びるようになった。また引退後のプレイヤーが徐々にメディアに登場し始めている姿もあり、視聴者が女子サッカーファンになってくれることを密かに期待しながら見つめている。

そして、プレミアリーグの女子プレイヤー達の活躍も見逃せない。追いかけるほどに没頭してしまう彼女たちとサッカーの関係や、個々のドラマのような背景などがある。そこには可憐なプレースキルや凛とした表情、芯のある考え方などさまざまな魅力が存在するが、数ある中の1つに注目していこう。

多くの魅力に溢れかえっている彼女たちを厳選することは至難の業だが、ここでは9名のプレミアリーグ女子プレイヤーの3種のヘアスタイルをご紹介したい。


アーセナル FWリナ・ハーティグ 写真:Getty Images

個性が活きる美しさ!ショートヘアスタイル

FWリナ・ハーティグ(アーセナル)

今2022年8月に、ユベントスからアーセナルへ移籍をしたFWリナ・ハーティグは、スウェーデン出身1995年生まれの27歳。髪の毛全体を大きく左サイドから右へ流し、左側面の髪を大胆に刈り上げたヘアスタイルが特徴的だ。見方によっては非常に色っぽく、また潔い格好良さも持ち合わせていて、ハーティグの雰囲気にしっくりくる。髪の毛の根元が黒のため、地毛は黒髪でブロンドに染めているようだ。


DFアシュリー・ネヴィル(トッテナム・ホットスパー)

イギリス出身1993年生まれ、29歳のDFアシュリー・ネヴィル。2017年からトッテナム・ホットスパーと契約を結び現在に至る。群を抜いて個性的で輝いているヘアスタイルだ。黒髪のモードな雰囲気のショートヘアで、後ろから前に髪の毛を持ってくることによって綺麗な丸いシルエットが完成されている。また、一直線の前髪も洗練されたお洒落さを倍増。もみあげも短めに揃えて、全体的にコンパクトに仕上がっている。もし仮に筆者がこれに挑戦した場合、いろいろな意味で周囲をざわつかせてしまうのがオチだろう。それくらい難しいヘアスタイルを、ネヴィルは美しく自分のものにしてしまう。


DFミリー・モット(サウサンプトン)

イギリス出身2003年生まれ、若干18歳のDFミリー・モット。先輩プレイヤーと闘っている姿は、必死に応援したくなる初々しさ。彼女のヘアスタイルのポイントは、見るものの心にオレンジポピーの花々が咲き乱れるような可愛らしい髪色。そして、やわらかな丸みを帯びたシルエット。ふんわりとしたゆるやかなカールがモットの雰囲気によく合い、モット自身が草原に現れたポピーの花のようだ。

マンチェスター・シティ DFデミ・ストークス 写真:Getty Images

誰もが1度は憧れる!カーリーアップヘア

DFデミ・ストークス(マンチェスター・シティ)

イギリス出身1991年生まれ、30歳のDFデミ・ストークス。2015年からマンチェスター・シティと契約し、イングランド代表としても活躍中のプレイヤーだ。とても細かいドレッドパーマをキュッと高めにまとめ上げたヘアスタイル。あえて高い位置でまとめて、ハイボリュームなパーマが活きるように仕上げている。2022年7月には女性ファッション誌『ELLE(UK版)』の表紙に登場し、まとめ髪ではなくアフロヘアを披露しているストークス。個人的にアフロヘアの方が魅力が倍増すると感じた!


FWリーン・キーナン(リバプール)

アイルランド出身1999年生まれ、23歳のFWリーン・キーナン。2021年6月にリバプールに加入以前は、ウェストハム・ユナイテッドでプレーをしていた。彼女のヘアスタイルのポイントは、元気でチャーミングな笑顔に似合うはじけんばかりのカール。しっかりと巻かれており、ジェルなどの整髪料でしっかりとスタイリングをしていると予想。また、ふんわりシュシュで高めの位置にまとめることがキーナン流。くるんくるんの巻き髪がピッチでも目立ち、キーナンのアイコンとなっている。


MFメアリー・マカティアー(アストン・ビラ)

イギリス出身2004年生まれ、18歳のMFメアリー・マカティアー。ヘアスタイルの特徴は、全体の毛量が多く、カールが細かくハイボリューム!ドレッドパーマほどの細かさではないが、とても膨らむのでゆったりとトップでまとめ上げている。ぎゅっとまとめ上げることも可能なのかも知れないが、あえて緩く結ぶことで、全体的にふわふわ感を残したままの仕上がりに。マカティアーの控えめな笑顔とこのヘアスタイルが妖精のような雰囲気を醸し出していて、多くのサポーターを虜にしていることだろう。

エバートン DFギャビー・ジョージ 写真:Getty Images

王道!ストレートロングヘア

DFギャビー・ジョージ(エバートン)

イギリス出身1997年生まれ、25歳のDFギャビー・ジョージ。2014年にエバートンと契約、またイングランド代表としても活躍中だ。彼女のヘアスタイルは、なんといっても髪の毛の長さ!あまりに長いとプレーにも影響を及ぼしそうだが、そこはジョージの腕の見せ所。長髪をささっと大ぶりの三つ編みにまとめあげ、ポニーテールスタイルに変身。また、結び目に髪をくるりんと巻き付け、お団子ポニーテールにするなど、足以外に手技も優れているプレイヤーだ。


DFテッサ・アレン(フラム)

今2022/23シーズンから、プレミアリーグ20クラブに仲間入りを成し遂げたフラム。女子チームも今後徐々に頭角を表すことになれば、DFテッサ・アレンの詳細情報を知ることが出来るかも知れない。残念ながら現時点では彼女のあれこれが不明なのだが、明らかにされるその時を期待しておこう!彼女のヘアスタイルは、独特のロングヘア。幅広く厚めの前髪がトレードマークで、てっぺんには少量の髪の毛を束ねたチョンマゲに、残りの髪の毛はゆったりと下ろした仕上がりに。ロングヘアで個性を出すことは難しいのだが、おそるべし!


ウェストハム・ユナイテッド DF清水梨紗 写真:Getty Images

DF清水梨紗(ウェストハム・ユナイテッド)

最後に、日本出身1996年生まれ、26歳のDF清水梨紗。2022年8月に日テレ・東京ヴェルディベレーザからウェストハム・ユナイテッドに移籍を果たした。透き通るような美しい雰囲気と、どこにも迷わず真っ直ぐに突き進むストレートのヘアスタイルが、見事にあいまって清水梨紗となる。前髪なしの王道ストレートが似合う日本女性の1人として、ロンドン・スタジアムのピッチで可憐に咲き誇ってくれることを信じている。ジャパニーズビューティーよ、あなたの輝きはあなたにしか無いのだ。

© フットボール・トライブ株式会社