新型コロナ 国の全数把握見直し受け 奈良市が「陽性者登録センター」設置

 一方奈良市も、全数把握の見直しを受け、抗原検査キットによる自己検査で陽性となった人に、その情報を登録してもらう独自の機関を設置すると発表しました

 これは奈良市が、医療機関の負担を減らしつつ感染の全体像を把握するため導入するものです。新たに設置されるのは「奈良市陽性者登録センター」です。センターには、無症状や軽症の人が抗原検査キットで自主的に検査をし、陽性となった場合にその情報を登録してもらいます。本人確認書類と、抗原検査キットの結果の写真をセンターにオンラインで申請すると、センターの医師が陽性を認定し、自宅療養するシステムとなります。

そして、体調が悪化した場合は、保健所が相談を受け付け必要な場合、物資の支援や市のフォローアップセンターの医療を受けられます。一方、65歳以上の高齢者や重症化リスクのある人などは、これまで通り医療機関が発生届を保健所に提出し、入院や療養方法を調整します。

しかし、発生届の対象外となる人で医療機関から陽性と診断された軽症や無症状の人については、県の方針を受け支援やアフターケアのあり方を検討するとしています。

© 奈良テレビ放送株式会社