旧統一教会が「改革推進本部」 教団本部に設置、22日に会見

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)は21日、教団本部に「教会改革推進本部」を設置したと明らかにした。コンプライアンスの徹底を図るとしている。22日に記者会見を開き、今後の対応方針を説明する。

 教団によると2009年以降、職員や信者に対し「経済状態に比して過度な献金とならないよう十分配慮する」などと指導してきたとしており、再徹底するとしている。

 また新たに「過度な献金」について「通常の社会生活を困難にする程度か、献金のために借金をすること」と明示するとしている。返金請求や被害申し出に対しては「誠意を尽くして対応し、早期解決を図る」とした。

© 一般社団法人共同通信社