フォローアップセンター初日は565人登録 新たな感染は989人(医療圏別:鹿児島522、姶良・伊佐202、肝属75、川薩55、南薩46、曽於30、熊毛20、奄美20、出水19)新型コロナ21日発表

 鹿児島県は21日、新たに989人の新型コロナウイルス感染者を確認したと発表した。前週の同じ曜日を下回るのは28日連続。死者の発表はなかった。県によると、感染者の全数把握簡略化で発生届や健康観察の対象外となり、陽性者支援を担うフォローアップセンターにウェブ登録した人は、初日の20日は565人だった。

 565人の支援希望内容(重複あり)は、生活物資の配送212人、宿泊療養施設の入所84人、血中酸素濃度を測るパルスオキシメーターの配送42人。267人は支援希望がなかった。

 自宅療養者の急変時などの相談はフォローアップセンター(26面に電話番号)で24時間受け付けており、20日は268件寄せられた。ウェブや電話がつながらないなど混乱はなかったという。

 県は21日、新規感染者の市町村別に代え、9医療圏別で公表すると明らかにした。同日は鹿児島522人、姶良・伊佐202人、肝属75人、川薩55人、南薩46人、曽於30人、熊毛、奄美各20人、出水19人。

 年代別は10歳未満が248人で最も多く、10代181人、30代164人と続いた。みなし陽性は3人、医療機関を受診せずウェブ申請でセンターの医師から感染者認定を受けたのは23人だった。

 県は毎日午後4時ごろ新規感染者数と死者数を発表するが、全数把握簡略化で新たな集計方法となった21日は2時間半遅れた。

表・一目でわかる鹿児島県の感染者推移

© 株式会社南日本新聞社