CO2排出量取引、実証事業開始 東証が市場新設、150社参加

排出量取引の実証事業が始まった東京証券取引所=22日午前、東京都中央区

 経済産業省は22日、企業が二酸化炭素(CO2)の排出量を市場で取引する実証事業を始めた。委託を受けた東京証券取引所が専用の「カーボン・クレジット市場」を新設し、排出削減に取り組む約150社が取引に参加。排出量の市場売買は国内初の取り組みとなる。

 再生可能エネルギーの導入や植樹などでCO2の排出量を削減した企業に対し、国がクレジット(排出枠)を発行する「J―クレジット制度」を活用。削減が難しかったり、削減目標に届かなかったりした企業がクレジットを市場で購入すれば、自社で排出を減らしたと見なすことができる。

© 一般社団法人共同通信社